日本ゲーミングスタンダード協会

国内におけるカジノ施設の実現化に向けた法案整備が進むなか、カジノ施設で使用するゲーミング機器の検査、認証に関わる事業を行う「一般社団法人 日本ゲーミングスタンダード協会」(略称:JIGS)が設立されたことが分かった。

カジノ施設で使用されるゲーミング機器やシステム等において、政府が定める認証基準を“標準”という。認証の対象として想定されるゲーミング製品には、テーブルゲームで使用されるカードやルーレット、また、スロットマシンなどの電子機器などだ。検査項目はハードウェアでは形状、素材、寸法、構造など、ソフトウェアではゲームのプログラム、結果醸成のアルゴリズム、表現など広範に及ぶことが想定される。

https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-19161/

設立が2017年11月22日という事で既に活動実績もあるようです。

ここがカジノ施設で使用するゲーミング機器の検査、認証に関わる事業を行って行くようです。

公式サイトはこちら

そしてYouTube上にて協会の紹介動画もアップロードされています。

さすが?というか言語が英語という事でちょっと驚きましたが字幕設定を日本語にするとなんとなくわかったようなわからないような・・・

ま~パチンコ・スロット業界で言う所の保通協と同じという認識で良いのかな?良くないのかな???

一般社団法人で非営利団体である事、扱う内容から日本国内の問題としては片付けられない内容と思われ利権まみれになる事は無いと思いますが、純粋にカジノ事業の発展に貢献してもらいたいと思います。