2020年パチンコ・スロット年間販売台数

2020年も残り1ヶ月を切り各サイトで年間販売台数が公開され始めています。

各サイトによって細かな集計方法の違い、まだ2020年は終わっていないので変動の可能性はありますが、概ね変動は無いと思うのでまとめていきたいと思います。

とりあえず参考にしているサイトはRe.デザイン

です。

メーカー別(パチンコ)
  1. 三洋系(三洋・サンスリー):24.7万台
  2. 京楽系(京楽・オッケー):12.5万台
  3. 三共系(三共・ビスティ):12.5万台
  4. ニューギン:8.7万台
  5. サミー系(サミー・銀座・エレック):8.6万台

主な販売機種で三洋は超韋駄天で6.5万台(程度)です。

元々海シリーズは安定的に販売があるのですが、そこに源さんがプラスされています。

京楽は仮面ライダー、三共はシンフォギア、ニューギンは慶次が主な販売機種です。

サミーは北斗の売れ行き次第で大きく変わる可能性があります。

とりえずはパチンコのみのランキングですが、スロットのランキング、各機種の詳細な販売台数はこのページに追記していきたいと思います。

追記

もうそろそろスロットも情報が出てきそうですが、まだ確認出来ません。

という事で上半期での集計は確認出来たのでピックアップ。

バジ絆2、サラ番2、沖ドキ!2、新鬼武者2、物語シリーズセカンド。この辺りが売れています。これに今年も売り上げを伸ばすと思うアイムジャグラーEX辺りは2020年の年間ランキングで上位になるのかなと思います。

追記

機種別販売台数の情報が出てきました。

パチンコ

機種別(パチンコ)
  1. P大海物語4スぺシャル【三洋物産】(約6万7千台)
  2. P大工の源さん超韋駄天【三洋物産】(約6万3千台)
  3. P花の慶次~蓮【ニューギン】(約5万2千台)
  4. PAスーパー海物語IN地中海【三洋物産】(約4万3千台)
  5. P真・北斗無双 第3章【サミー】(約4万3千台)

スロット

機種別(スロット)
  1. SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2【ミズホ】(約5万1千台)
  2. 沖ドキ!2-30【アクロス】(約4万7千台)
  3. 押忍!サラリーマン番長2【大都技研】(約4万3千台)
  4. 新鬼武者~DAWN OF DREAMS~【エンターライズ】(約2万台)
  5. SアイムジャグラーEX(2020年納品分)【北電子】(約2万台)

新鬼武者が思ったより売れていると感じました。確かに評判は高かったと思うしフィールズの宣伝の仕方は上手だと思います。