6号機の仕様を確認してみる

スロット

今日(9/21)から京楽さんの直営店で6号機稼働開始ですが、実質来月1日稼働開始のHEY!鏡が6号機のスタートです。

という事で6号機の仕様をもう一度確認したいと思います。

先日デビュー?した上乗恋さんの「日本一わかりやすい6号機解説!」です。

ま~わかりやすい解説というか7分程度の動画でざっくりと説明しています。

動画の中でまとめられていたポイントは全部で6つ

  1. AT機が作れるようになる
  2. 1Gあたり10枚増のAT機も理論上作れる
  3. 天井機能が復活
  4. AT/ART抽選に設定差をつけられる
  5. 純増2400枚が上限に
  6. リアルボーナスの純増最大300枚に

出玉性能に関しては規制強化ですが、ゲーム性に関しては5.9号機というよりも、より5.5号機以前に近いと思います。

ないものねだりをしても仕方がないし、もう打たね~と言いながらも結局打つと思うので素直に6号機を受け入れて楽しみたいと思います。

追記・・・

鏡も導入されいよいよ6号機時代が始まりました。

解析情報も随時公開され鏡、6号機の仕様で気になるポイントもあるので箇条書きしたいと思います。

・天井機能

鏡には天井機能があるのですが、今までの感覚で考えとは少し違う考えで実行させています。

まず6号機では有利区間が1500Gまたは純増2400枚で終了となっています。

この天井G数のカウントを有利区間滞在G数をカウントしているようです。

5.9号機では有利区間滞在比率が指定+さらに有利区間滞在を必ず報知しなければならなかったのですが。6号機ではどちらも撤廃されています。

そこで鏡は~ボーナス・AT当選~その後に必ず突入するCZに失敗するまでが1連の有利区間になります。

そして一旦通常に落ちますが数Gで有利区間に突入(報知は無し)する(見た目は通常区間)ようです。

そして有利区間滞在G数をカウントするようです。

これで天井がどうなるかというとおよそ1000Gで突入する天井ですが、中身は1000G程有利区間を消化しているので残り500G程の有利区間になるようです。

結果青7当選率は優遇されていますが、実際は500G程しか有利区間を消化出来ないようです。

(と、書きましたが、違うとおっしゃる方もいます。とりあえず天井条件、有利区間の扱いは不明とさせていただきます。すみません。ただし、当初記載内容の方が個人的には正しいのではないかと思っています)

純増5枚なので500Gでも純増2400枚まで出せそうな気がしますが、仕組み上出玉減少区間のCZを何回か挟む可能性が高いので実際はうまく続いても出玉1000枚程度になるようです。

これだけでも5.9号機から考えれば十分進歩かもしれませんが、天井機能に過度な期待はしない方がしれません

又世の中の期待値紹介サイトも数値算出に苦労しているかもしれません。。。