P-WORLD一強時代は終了するのか?

パチンコ

個人的にはパチンコ関連情報のポータルサイトナンバーワンはP-WORLDだと思っていますが、そんな時代も変わっていくかもしれません・・・

北海道・東北で「ひまわり」の屋号でホール経営を行う合田観光商事が8月末でP-WORLDでの最新情報の案内を終了したようです。(本日9月1日に確認してみましたが、店舗情報自体が消えていました。)

合田観光さんは自社アプリを持っているようで今後の情報発信はアプリ、LINE@、DMMパチタウンを使用していくようです。

まだまだ小規模ホールにとっては情報発信の場として必要かもしれませんが、今後の情報発信は自社アプリ、ブログ、LINE@、TwitterなどのSNSを利用するホールが増えて来ると思います。

P-WORLDがナンバーワンである理由は殆どのホールが登録しているので必要最低限の情報は取得出来るからで、これがP-WORLDにアクセスしても最低限の情報も得られない可能性があるとなると「変わり」を探す動きになるかもしれません。

という事で・・・

更新日からも今回のニュースを受けての発言なのかもしれませんが、吉田氏の話では他にもP-WORLDへの掲載を取りやめているホールもあるようです。

そしてP-WORLDの「変わり」としてDMMパチタウンを挙げています。

DMMは店舗情報はもちろんですが、解析情報、来店イベント、動画配信なども全て行っているのでイマドキの必要要件は全て満たしていると思います。

さらに企業規模もあるので体力勝負でも負けない力があると思います。

 

個人的にもP-WORLDは昔は重宝していたのですが、今はほとんど使用していません。

というのも望む情報が設置機種情報は当然として+αが欲しいからです。

某ショッピングモールライクな感じでひたすら縦に長く目的の情報がみつけにくい。

さらに表示も遅いページでは使いにくいからです。

もちろん変わらない・変えないシステムは利用する際に安心感のようなものもありますが、あまりにも時代とかけ離れたシステムでは苦痛になります。

これからはDMMがナンバーワンポータルサイトとなるのか、それともポータルサイトという概念は無くなり店舗毎に直接情報を入手する形になるのか・・・どちらにしてもP-WORLDにとっては厳しい状況になるのかと思います。

※※※

10/16 P-WORLDの1ヶ月以内更新店舗が8955店舗となっていました。

P-WORLDでは3ヶ月更新が無い店舗は解約処理をしているそうです。長年脈々と受け継いでいるデーターベースとして強さはこの点なのかな~。更新店舗数は少し気になったので定点観測として記録したいと思います。