減少が止まりません

 

いつまで減少は続くのでしょうか?

全日遊連(阿部恭久理事長)はこのほど、毎月実施している「組合加盟店舗の実態調査」の調査結果を発表。6月末時点での全日遊連に加盟するパチンコホールの営業店舗数は5月末から42店舗少ない9,454店舗、前年同月比では405店舗の減少となった。

https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-20743/

 

6月は店舗数の減少は相変わらずですが、パチンコ・スロット共に総設置台数も減少しています。

パチンコが1万台強、スロットが3千台弱の減少です。

一時期は店舗数は減少しても大型店の出店で設置台数は増加なんて事もありましたが、中小店舗の整理は進んでいるのかお店の減少にあわせて設置台数も減少しています。

現在の総設置台数は400万台ほどなのですが、5月末の時点では402万台ほどあり年内に400万台を割り込むかもなどとしていましたが、早ければ来月にも400万台を割り込みそうです。