5月の営業店舗数は減少しました

 

全日遊連が5月末時点での「組合加盟店舗の実態調査」を発表しました

資料によると、5月末時点での全日遊連に加盟するパチンコホールの営業店舗数は4月末から35店舗少ない9,496店舗(前年同月比388店舗減)。新規店舗数は9店舗(同比2店舗増)、廃業店舗数は49店舗(同比11店舗増)、休業店舗数は113店舗(同比9店舗減、5月中に休業した店舗は10店舗)。4月に比べ新規店舗が落ち込み、店舗数は再び前月割れとなった。

また遊技機の設置台数は、パチンコが前月比7,052台減の247万215台、パチスロが同比4,437台増の155万1,636台、その他の遊技機が同比増減無しの37台。総設置台数は4月より2,615台少ない402万1,888台となり、年内に400万台を割り込む様相が強まった。

https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-20119/

以前に営業店舗1万店割れが話題になっていた時期がありましたが、5月末の営業店舗数は9496店舗となっています。

特に増加要因もみられないので店舗数の減少に関してはまだこれからも続くと思われます。

ただ、店舗数自体はあまり興味が無いのですが、個人的に気になる設置台数ですが、パチンコは減少、パチスロは増加しトータルでは減少となり節目と意識されそうな総設置台数400万台を年内に割ると見られています。

間もなく規則改正後の新基準機がパチンコ・スロット共に登場しますが、評価されるか???

パチンコの設定機能に関しては釘調整に変わる重要な仕組みだと思いますが、現状では釘調整も可能な為低設定+マイナス調整のいやな未来しか想像できませんがユーザーに指示されるように「乱暴」な扱いはして欲しくないと思います。

又スロット6号機に関してはAT機能、天井復活と言われていますが、出玉性能低下もあり、スロット設置台数が増加している事からもあまり期待されていないのかな~と思っています。

少なくとも総設置台数の減少は止まって欲しいです。