2019年12月型式試験結果

一般財団法人保安通信協会

遊技機の型式試験業務

http://www.hotsukyo.or.jp/pdfdl.html#contents02

ページ内の「統計資料」から最新の試験結果が確認出来ます。

11月試験結果

ぱちんこ
結果書交付:70(適合:24、不適合:46)適合率34.29%

スロット
結果書交付:91(適合:22、不適合:69)適合率24.18%

11月のスロット適合率は3ヶ月連続で上昇しました。最近では7月の適合率27.4%が一番高いのですが、ここに向かってこのまま上昇出来るでしょうか?

逆にパチンコは2ヶ月連続で減少しスロットとの差が縮まっています。

ただ単に高ければ良いという数値では無いですが、どちらも上昇してほしい数値だと思います。

不適合事例

個人的に気になった事例をピックアップ。

ぱちんこ

・入賞口の大きさが、規則で定める値を超えた。

・面上に貼付されたシールに記載された確率と遊技機の確率が異なっていた。

回胴

・第一種特別役物が作動終了する遊技において再遊技に係る図柄の組合せが表示されたとき、遊技メダルの投入ができる性能を有していた。

・件装置が作動している全ての遊技において、回転停止装置を作動させる時間にかかわらず条件装置に係る図柄の組合せを表示させる制御が可能となる性能を有していた。


相変わらずちょっと何言ってるのか分からないですが、メーカーは常に新しい仕組みに挑戦しているのだと思います。

最近の適合率の推移は下記リンクで確認出来ます。

型式試験結果の推移