サミーが「ENGI」設立

サミー株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役社長CEO:里見 治紀 以下「サミー」)、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原 眞樹 以下「KADOKAWA」)および株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ(本社:東京都杉並区 代表取締役社長:松浦 裕暁 以下「ウルトラスーパーピクチャーズ」)は、ハイブリッドデジタルアニメーション制作スタジオとして、株式会社ENGI(本社:東京都杉並区 代表取締役:梶尾 徹 以下「ENGI」)を共同で設立し、6月1日より営業を開始すると発表しました。

http://www.pachinkovillage.com/news/?p=59944

ちなみに出資比率は資本金1億で角川53%、サミー40%、その他となっています。

「ハイブリッドデジタルアニメーション」との事で「デジタル作画」「3DCG」が融合した新しい映像表現によるアニメーション制作を行っていくようです。

ちなみにサミーはすでにウルトラスーパーピクチャーズ傘下の「ギャラクシーグラフィック」という会社も設立しています

http://www.galaxygraphics.jp/

「アルペジオ」とか「ツインエンジェルBREAK」のパチスロもここがモデル作成などを行ったようです。

3DCGを2Dのアニメっぽく見せるいわゆる「セルルック」は一定の成功を収めていると思いますが、「ENGI」が目指しているのは、「ハイブリッドデジタルアニメーション」との事です。(それは何ですか~)

将来的にはこの技術を当然パチンコ・スロットに生かしていくと思いますが、どんな映像を見せてもらえるのか???

ちょっとだけ期待したいと思います。